むいむいのマイホームづくり

家作りの情報をメインに、照明・DIY・子育ても。

ベランダ用サンダルが汚れないようにサンダルカバーをDIYした。

こんにちは、むいむいです。
 
最近ふと思った事があります。
2階にバルコニー作ったけど、全然活用できてない・・・!
その理由のひとつは、気軽に外に出れないからです。
1階は玄関があるのでいつでも靴を履いて外に出れますが、2階は靴を履く所がない。
それを解決させるために、サンダルカバーをDIYで作りました。

 

むいむい家の2階のバルコニーはどんな感じ?

むいむい家の2階バルコニーは割と大きめですが、全然活用できてないので無駄とも言えます・・・。台風のときに確認に行ったとき以外だと、1か月で1回ぐらいしかバルコニー出てないかも。笑

 

バルコニーが大きいのは、1階が大きくて2階が小さい家だからです。

muimuim.hatenablog.com

 

バルコニーに出ないのは、洗濯乾燥はガス乾燥機任せで外干ししないからです。

muimuim.hatenablog.com

 

汚れたサンダル履きたくない

あんまりバルコニーに出ないむいむい家でしたが、出ない理由の一つに汚れたサンダル履きたくない!というのもあります。

サンダルをバルコニーに置いておくと、雨や砂埃で汚れてしまいます。

風が強いとサンダルどっか飛んでいっちゃいますし。

 

かといって家の中に置いといて、必要な時だけ出すというのも面倒です。

毎回屈んでサンダルを外に出すのもな~。

変な所で面倒くさがる人です。それが私。

この問題に関してネットで検索すると、皆さんは自分なりの解決策を見つけているようです。

例えば、室内にしまうとか、外に置いておくけど汚れや水が溜まりにくいサンダルにするとか。

 

室内にしまうのは何だかイヤだったのと、汚れにくいサンダルを外に置いとくのも使用頻度が低いとクモの巣とか張りそうだし、雨はたまらなくても汚れや砂は溜まりそうでイヤでした。

一番良さそうかなと思ったのは、サンダルカバーという物を使う方法です。

 

既製品のサンダルカバーを検討する

サンダルカバーというのは、サンダルの上から被せて雨や風から守るというカバーです。(そのまんま)

これは既製品があるのですが、ちょっと購入をためらう点がいくつか。

 

f:id:muimuim:20191027235818j:plain

Amazon 蝶プラ工業 ベランダサンダルカバーフタバ 612160

 
  • 透明なので中に熱がこもりやすい。
    置く予定のところは真南に面しているので、真夏の直射日光を長時間浴びていたら、中のものが劣化しやすいと思われます。実際に中にあるものが熱で変形したというレビューも見受けられます。

  • 取っ手が短い。
    商品説明を見ると、商品サイズの高さは43㎝とあります。ですが人が立っているときの手の高さは60~80㎝位です。43㎝だと少し屈む必要があるため、低いと思われます。レビューでも指摘されています。

  • 大きさが小さい。
    私の使っているサンダルが入るか計算してみたら、全然入りそうにありませんでした。すこし大きめのサンダルはまず入らないというレビューもありました。たとえ入ったとしても、ギリギリなサイズでは被せるときに気を使うでしょうから、困ります。

  • 軽い。
    本体重量435gとありますが、この形状でその重さだと強風時に飛ばされる心配があるのでは?と思いました。ただ、これについてはベランダ・バルコニーの形状によると思います。うちはバルコニーの中でも風の影響を受けやすいタイプのところかなと思ったので、そのまま置いておくのには風が心配でした。レビューでは飛ばされた方、大丈夫だった方、それぞれです。

  • 安くない。
    取っ手付きのものは2000円位と、高くはありません。ただ、上記のデメリットを承知の上でダメ元で買うにはちょっと高いと思いました。特にサイズが小さいのは一番困ります。買うなら、自分のサンダルが入るかどうか考えたほうが良いと思いました。
 
後で調べたら、取っ手が長いタイプはありました。
しかし問題はサイズが小さい事なので、取っ手が長くてもなぁ・・・
 

サンダルカバーを自作した

既製品にどうしても納得いかなかったので、DIYすることにしました。

ただ今回のDIYは、ぶっちゃけ適当です。
これまで私がDIYしてきたものはすべて屋内用のものでした。
 
サンダルカバーは、屋外のしかも超日当たりのいい二階ベランダに1年中置かれるものです。
日差しを遮るものはほとんど何もありません・・・。
そんな過酷な環境に素人が作ったものを置いたら、すぐに劣化してしまうだろうと思い、もしダメになったらすぐ作り直そう!という気持ちで、テキトーに作りました。
実はちょっと面倒だったから適当に作ったというのもあります!!
 
材料もちょっと変わったものを使っているのであまり参考にはしないで下さい。
 

さっそく取り掛かります

今回は速攻でいきます!!
まず、サンダルを余裕で入れられるサイズの板を切り出します。
幅340mm奥行400mm。材料はダイライトです。
たまたま家にあったので・・・通気性も良いので中の水分も抜けそうだし。

f:id:muimuim:20191028200010j:plain

 

枠を切り出し。材料は、窓枠の集成材です!笑
新築時に捨ててあったやつを使いました。
内装材ですが水分に強そうだったので。

f:id:muimuim:20191028200517j:plain

 
枠を組み立てます。内寸でW300×D360なので、サンダルならどんな靴でも余裕で入ります。

f:id:muimuim:20191028200523j:plain

 

組み立てます。集成材なので下穴なしでも余裕でビスが入るので楽。

f:id:muimuim:20191028200812j:plain

 

持ち手を支持する部分を切り出します。たぶん1x2のパイン材です。これは買いました。

f:id:muimuim:20191028200820j:plain

 
持ち手は、階段の手すりに使われていた建材の余りを使用します。なんでこんなに廃材持ってんだろ。

f:id:muimuim:20191028200826j:plain

 

塗装されていない部分は屋外用の塗料を使用します。
700円位だったかな。これも買いましたが1割も使ってません。
f:id:muimuim:20191028200816j:plain 
カバーを塗装!f:id:muimuim:20191028200829j:plain
 
持ち手も塗装!ヤスリ掛けナシの2度塗り!適当!f:id:muimuim:20191028200833j:plain
 
はい完成!!f:id:muimuim:20191028213714j:plain 
大きいサンダルでも余裕で納まります。
f:id:muimuim:20191028213725j:plain 
持ち手は70㎝の高さにしました。
量ってはいませんが重さもそこそこあるので暴風雨でも問題ないと思います。
さっそく使ってみましたが、ガッシリしていて安定感があります。
たぶん2、3年位は使えると思いますが、内装材である持ち手部分と、枠の部分の表面に張ってある化粧シートが紫外線で剥がれないかが心配です。
壊れたら次は丈夫な感じで作り直します。
f:id:muimuim:20191028213720j:plain
 

作ってみた感想は?

既製品にいい物がなかったので作りましたが、DIYで作る実用品としては面白いんじゃないかなと思いました。

欠点は、サンダル1個にしか対応できないところかな。

あと、作るのがやっぱ面倒なところ。

既製品でいいやつ出ないかな~。(本末転倒)

 

それでは、ここまでお読み頂きありがとうございました!